生理痛がひどい時はお酒を控えよう

生理痛がひどい時はお酒を控えよう

生理中にお酒を飲むと、生理痛がひどくなる可能性もあります。必ずしも痛みが強くなるとは限りませんが、その可能性はあるのです。その上、お酒を飲むと肝臓で分解されるのですが、生理中はいつもよりも分解能力が衰えるため、お酒に酔いやすいという特徴もあります。そうすると、二日酔いにもなりやすいのです。そう考えると、生理中にお酒を飲むのは出来れば避けた方が良いでしょう。

また、普段お酒を飲む人で生理痛に効果的なツボもありますので、そのツボを刺激するのも良いでしょう。そうすることで生理痛の緩和に繋がるだけでなく、二日酔いになりにくくなる可能性もあります。

お酒が好きな人はたとえ短い期間でも我慢するのは辛いかもしれません。その時は、少量だけ飲むように心がけてみてはいかがでしょうか。本当は生理中は禁酒するのが最も良いのですが、それによってストレスが溜まれば結局生理痛の悪化に繋がります。少量でもお酒を飲むことで気分がリラックス出来たり、血行促進に繋がれば、生理痛が緩和される可能性もあります。