生理痛による嘔吐や冷や汗の症状

生理痛による嘔吐や冷や汗の症状

生理痛がひどいと、嘔吐と共に冷や汗が出てくることもあるようです。特に、生理が始まった当日や2日目など、出血量が多い時に起こると言われています。

1度であれば体調不良などが重なった結果だと思うかもしれませんが、毎月のように嘔吐が繰り返されるとなると、生理痛もかなりひどい状態だと言えるでしょう。

このような症状が現れるのは、市販薬による副作用という可能性も考えられます。生理痛がひどいと市販薬に頼ることもあるでしょうが、それが原因で嘔吐などの副作用が生じることもあるのです。もしかすると、その薬が自分の体質に合っていないのかもしれません。もし薬を飲んでいる時にそのような症状が現れるのであれば、まずはその薬の服用を中止しましょう。

その上で、生理痛がひどくて悩まされるのであれば、医療機関を受診してください。医療機関で薬を処方してもらった方が症状は緩和されると思います。多少お金は掛かりますが、まずは辛い症状を抑えることを優先した方が良いでしょう。