ひどい生理痛を緩和するための原因と対策①

ひどい生理痛を緩和するための原因と対策①

ひどい生理痛を少しでも緩和できるよう、原因からどのように対処するのがいいのかを考えたいと思います。

まずはホルモンの影響から始めます。

生理には、エストロゲンという女性ホルモン、プロゲステロンという黄体ホルモン、というものが関わっており、バランスが取れていることで健康的に女性として生活をしています。

現代はストレス社会と言われていますが、過労やストレス、不規則な食事などにより女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌され、バランスが崩れがちなようです。

生理痛がひどくなる場合、バランスが崩れてエストロゲンの分泌が過剰鳴っている場合があります。

また、子宮収縮をするのにプロスタグランジンというホルモンも分泌されますが、こちらも過剰な分泌により子宮収縮が強くなるために生理痛がひどくなるということです。

では生理痛を緩和するため、ホルモンをどのように正常に保つかですが、身体で作られるホルモンを調整するには、やはり規則正しい生活、適度な運動、ストレスをためない、ということに尽きるかと思います。

現代女性はストレスを感じている方が非常に多いかと思いますが、一つだけでも生活に取り入れていただくことで、自然に生理痛を緩和できたらいいのではないでしょうか。

ストレスという観点では、ホルモンのことを異常に気にするのもよくありませんので、楽な気持ちで生活を少しずつでも変えていくのが生理痛緩和の近道かと思います。