鎮痛剤の種類について

鎮痛剤の種類について

生理痛を素早く緩和させる方法として、鎮痛剤の服用があります。

多くの女性が服用しているかと思いますが、気をつけていただきたいのが、薬のアレルギーにより副作用が出る場合があるということです。

私自身、急に薬のアレルギーが発症し、それ以来鎮痛剤をほとんど飲むことができません。

服用する薬だけでなく、モーラステープという湿布薬でもその症状がでてしまいます。

どのようにそうなったかというと、バファリンを毎月生理痛の時に飲んでいたのですが、徐々に効かなくなったことで、婦人科で生理痛に効く薬をもらいました。

数種類あったのですが、それを毎月、痛みが始まる前から服用していましたが、とあるときから目の粘膜が腫れあがるという症状がでてそれも飲めなくなりました。

その後座薬に頼っていたのですが、座薬も飲めなくなり・・・

そして今緊急用で持ち歩いているのが、カロナールです。

こちらはボルタレンやロキソニンが飲めない人でも大丈夫ということで、耐えられない痛みの時に服用しています。

もし鎮痛剤を服用して身体に異変がある方は病院で相談してみてください。

また、私のような薬にアレルギー反応が出る方は、一度検査をしてみて飲める薬を探していただくのがいいかと思います。