生理痛は江戸時代にもあったのか?

生理痛は江戸時代にもあったのか?

今は生理痛がひどかったとしても、病院で薬を処方してもらったり、治療を受けることが出来ます。また、市販の鎮痛剤などもありますので、何かしらの方法で痛みを緩和することが出来るでしょう。

しかし、昔は鎮痛剤なども無かったため、生理痛がひどかった場合はどうしていたのか疑問に思う人もいるようです。たとえば生理痛がひどい江戸時代の女性はどうしていたのかと言うと、まずは生理痛自体がそこまでひどいものでは無かったと言われています。

現代は昔に比べて食生活も変化しましたし、体を動かす機会も減りました。昔に比べると不健康な生活習慣を送る人が増えたと言えます。食生活は欧米化してきていますが、それが生理痛の悪化に繋がることもあるのです。ですから、江戸時代の人は生理が来ていたとしても、そこまで痛みが強くなかったために問題は生じなかったと言われています。

つまり、現代でも江戸時代のような生活習慣に変えれば、生理痛が緩和される可能性はあります。完全に同じ様な生活は送れないかもしれませんが、たとえば食生活の見直しなどはしやすいでしょう。現代人は生理痛で悩んでいる人が多いと言われていますが、それは昔に比べて生活習慣が大きく変わったという表れでもあるのです。