イライラと生理痛の関係

イライラと生理痛の関係

仕事や家事で忙しかったり、イライラすることが多かった月の生理痛は、特に痛みを感じるような人が多いようです。

そうならないためにも日頃からストレスをためない生活が、来月の生理痛を楽にするために必要なことです。

ストレスをためない生活とは・・・

①気持ち的に無理をしない。

仕事だと必要以上に抱え込まないとか、やらなければならないことが多い時は嫌なことととらえずに「これが終わればご褒美がある!」とか、なんとか楽しい方向にむけられるようにするのがおすすめです。

イライラしたら、動いて発散がいいです。

ストレスがたまりすぎると寝ても取れない場合が多くなるので、多くたまる前にスポーツや入浴などで発散しましょう。

②健康的な生活を送る

だいぶ寒くなってきましたので、身体に快適な温度で、温かい食事と良質な睡眠で、イライラをためないようにします。

寒いだけでも身体だけでなく気持ちにも影響がありますので、気をつけていきたいものです。

あとは、タバコを控える、お酒もほどほどに、などの当たり前といわれる生活が、いいそうですよ。

できないことが多いかもしれませんが、生理痛がひどいということは、健康のバロメーターでもあります。

痛かった時は生活を振り返り改善し、楽だった時もどんな生活をしていたかを振り返り繰り返すことで、生理痛を止めるのではなく、生理痛をなくすという状態にできるのが一番いいのではないかと思います。