生理痛と胃腸の症状は病気の可能性も

生理痛と胃腸の症状は病気の可能性も

生理痛が激しいだけでなく、胃腸にもトラブルを生じる場合は病気の危険性もあります。もちろん、生理痛がひどい人は胃痛などのトラブルが生じても不思議ではありません。生理痛を発生させる物質は、胃腸にも影響を与えると言われているため、胃痛で悩んでいる人も多いのです。

しかし、生理痛と胃腸の症状が別々の原因である可能性もありますし、たとえば子宮内膜症などの病気からどちらの症状も起こっているという可能性もあります。胃痛などの症状だけでなく、発熱なども生じているのであれば、このような病気の可能性も考えられます。症状が続くようであれば、病気の可能性も考えて受診も検討することが大切です。

また、胃痛だけでなく吐き気などの症状もあるのであれば、それだけ胃腸機能が弱っていると考えられるでしょう。生理痛だけでも辛いと感じると思いますが、胃腸機能もトラブルが生じていると更に辛い思いをするでしょうから、我慢をせずに受診することも大切です。