生理痛の痛み止めの薬の違い

生理痛の痛み止めの薬の違い

生理痛の痛み止めの薬は多々ありますが、実は薬によって成分が異なるため、きちんと自分の症状に合ったものを選ぶ必要があるのです。どれにしようか悩んでしまう場合は、できれば薬剤師さんに相談をした上で購入した方が良いでしょう。

詳しい症状を話すのは嫌だと思うかもしれませんが、薬剤師さんが女性の場合もあります。自分で選んで効果が無かったとなると買い直す必要がありますので、結局損をしてしまうでしょう。だからこそ、最初に相談した上でおすすめされた物を購入した方が良いのです。

それぞれ配合されている成分に違いがあり、痛みに効果的なのはイブプロフェンが配合されている痛み止めの薬だと言われています。子宮に薬の効果が発揮されやすいため、効果が期待出来ます。

また、カフェインが配合されているとむくみの解消にも繋がります。普段からむくみやすいと感じているのであれば、カフェインが配合されているものを選ぶのも良いと思います。

成分については薬の裏面などに記載されていると思いますので、確認してみてください。その上で不明点があれば薬剤師に相談をして、購入してみましょう。