生理痛に効く漢方薬「桂枝茯苓丸」の構成生薬

生理痛に効く漢方薬「桂枝茯苓丸」の構成生薬

「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」はまた、「子宮内膜症(月経周期に一致して増殖・出血・再生を繰り返し、障害を起こす、子宮内膜の組織が、子宮腔以外の部位に生じる病気)」・「子宮筋腫(子宮の筋肉に発生する良性腫瘍)」・「ニキビ」・「シミ」・「しもやけ」・「痔(肛門部の病気の総称)」・「打ち身」・「肝臓病」などにも用いられています。「漢方薬(主に樹皮や草の根・葉などから製する、漢方で用いる薬物)」は、自然の草や木からとった「生薬(植物・動物・鉱物などを、そのまま、または簡単な処理をして医薬品あるいは医薬原料に供するもの)」の組み合わせから出来ています。桂枝茯苓丸の構成生薬は、5種類あります。「桂皮(ケイヒ)」、「芍薬(シャクヤク)」、「茯苓(ブクリョウ)」、「桃仁(トウニン)」、「牡丹皮(ボタンピ)」です。桂枝(桂皮)は、健胃作用だけでなく、発散作用を有しており、のぼせや頭痛に良いそうです。芍薬は、痛みを取る代表的な生薬になります。そして、気分を落ち着けて、余分な水分を取り除く茯苓に、血液循環をよくする桃仁や牡丹皮などが配合されているのです。