漢方薬「桂枝茯苓丸」を使ってひどい生理痛を緩和させる

漢方薬「桂枝茯苓丸」を使ってひどい生理痛を緩和させる

「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」は、血行(血の流れ)を良くして、熱のバランスを整えることによって、「のぼせ」や「冷え」を改善して、「子宮(輸卵管の一部が変化した筋肉性の器官で、受精卵が着床し発育する、単孔類を除く哺乳類の雌の生殖器官の一部)」などの炎症をしずめてくれる作用があります。さらに、「ホルモン(成分はたんぱく質・ポリペプチド・フェノール誘導体・ステロイドなどであり、生体内の内分泌腺で生成され、血液中に分泌されて運ばれ、特定の器官にのみ作用する微量の化学物質)」のバランスを整える効果も期待出来るのです。どちらかといえば女性向けであり、体格がわりとしっかりした、赤ら顔の人に向いているそうです。例として、生理不順・生理痛・頭痛・めまい・肩こり・のぼせ・足の冷えなどに適応しています。そして、そのような諸症状を伴う「更年期障害(冷え・のぼせ・めまい・動悸・頭痛・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振など、更年期の女性に、卵巣機能の低下によってホルモンのバランスがくずれるために現れる種々の症状)」にも適しているのです。