血の乱れが原因の生理痛に効く漢方薬

血の乱れが原因の生理痛に効く漢方薬

「漢方(古代から近世までに、大陸から断続的に伝来する経験医学を独自に体系化した、日本固有の医学)」では、血行障害や「鬱血(静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まったりして局所的に起こることが多いが、心臓の力が弱まって全身的に起こることもある、静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態)」を、「お血」という概念で捉えて、とても重視しています。例えば、女性の「月経(思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)」トラブルを含めて、いわゆる「血の道症(月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる、精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のこと)」には、このお血を改善する漢方薬がよく使われているのです。その代表格とも言えるのが、「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」なのです。