一般的に処方される生理痛(血の乱れ)用の漢方

一般的に処方される生理痛(血の乱れ)用の漢方

血の乱れが原因となっている「生理(月経―思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)痛」には、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」が一般的に処方されています。気が滞ると、血の流れも悪くなることから、気と血の関係は密接にあると考えられいます。桂枝茯苓丸は、血行をよくする「漢方薬(漢方である中国医学で用いられる薬物の総称であり、狭義には処方として配合された個々の薬物をさし、ときには処方そのものを漢方薬ということがある)」になります。主として、「生理不順」や「生理痛」だけでなく、「更年期障害(冷え・のぼせ・めまい・動悸・頭痛・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振など、更年期の女性に、卵巣機能の低下によってホルモンのバランスがくずれるために現れる種々の症状)」、のぼせなどに用います。