生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散」の成分詳細

生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散」の成分詳細

加味逍遙散の成分は、「柴胡(サイコ―肝臓の薬で、解熱、鎮痛、消炎作用があり、みぞおちのつかえ感や緊張に効果があり、漢方で解熱・鎮痛・健胃薬などに用いるセリ科ミシマさいこの根)」、「芍薬(シャクヤク―ボタン科の多年草で、高さ約60センチで、葉は複葉、初夏に大形の紅・白色などのボタンに似た花を開き、漢方で根を乾かして鎮痙・鎮痛薬とする)」、「蒼朮(ソウジュツ―健胃、利尿、発汗、抗炎症、鎮痛などの作用があり、利尿・解熱・健胃薬などに用いる、ホソバオケラ・シナオケラの根茎)」、「当帰(トウキ―セリ科の多年草で、山地に生え、高さ60~90センチで、葉は複葉で縁にぎざぎざがあり、夏から秋に白い小花を散形につけ、根は太く、漢方で増血・強壮薬とし、栽培される)」、「茯苓(ブクリョウ―サルノコシカケ科のキノコの菌核で、アカマツの根などに寄生し、丸みのある塊状で、漢方で鎮静・利尿薬などに用いる)」、などが生理痛に効果的だとして、生成されています。