生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散」を使うことになったら

生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散」を使うことになったら

生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」を使うことになったら、まずは漢方薬の扱い方を知る必要があります。一般的に漢方薬は、食前もしくは空腹時である食間に飲むように指示されます。顆粒の場合、お湯で溶かしてから、ゆったりとした気分で飲むと良いとされています。しかしながらも最初のうちなど、胃がむかつく際には、水でそのまま飲んでも大丈夫です。また、食欲がなくなったり、吐き気を催すような症状が出た場合は、食後でもいいそうです。漢方薬の効果がなかなか得られない時には、担当の医師と相談してみて下さい。証の再判定が必要になる場合があります。さらに、加味逍遙散の配合生薬の「牡丹皮(ボタンピ―キンポウゲ科ボタンの根皮を乾燥したものであり、充血性鬱血の浄血、止血、鎮静剤)」によって、妊娠によくない影響をする可能性があるので、注意が必要です。それほど多量でない限りは、まずは心配ないと言われていますが、妊娠中の服用については、医師とよく相談してみましょう。