生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散」の注意事項

生理痛に効く漢方薬「加味逍遙散」の注意事項

「生理(月経―思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)痛」に効く漢方薬「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」は、極めてよく処方される漢方薬の1つになっています。古くまでさかのぼると、宋時代の「和剤局方」という古典書にて紹介されているほどです。適応証である体質は、虚証・虚弱、寒証・冷え、湿証・水分停滞、お血・血流停滞、気上衝・のぼせ・イライラ・緊張・不安となっています。加味逍遙散の処方を受ける前に、診察の段階で、持病のある人は、必ず医師に伝えておく必要があります。そして妊娠中の人もまた、医師に必ず申し出て下さい。また、市販薬も含めて、服用中の薬は医師にしっかりと教えましょう。場合によっては、加味逍遙散の成分が良い効果をもたらさないことがあるので、自身の状態は事前に把握しておいて下さい。