生理痛だけにとどまらない漢方薬「加味逍遙散」の効果

生理痛だけにとどまらない漢方薬「加味逍遙散」の効果

気の乱れが原因の「生理(月経―思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)痛」に効くと言われている「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」は、生理痛だけでなく、そのような症状を伴う「更年期障害(冷え・のぼせ・めまい・動悸・頭痛・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振など、更年期の女性に、卵巣機能の低下によってホルモンのバランスがくずれるために現れる種々の症状)」や、「自律神経失調(頭痛・めまい・微熱・疲労感・不眠・息切れ・胸苦しさ・食欲不振・冷え・発汗異常・便秘・下痢・嘔吐・性機能障害など症状は様々な、自律神経の均衡が乱れて、種々の症状を示す病気)」、「月経前緊張症(いらいら・怒り・憂鬱・不安・集中力の低下・無気力・眠気・不眠などの精神的症状や、頭痛・乳房の張りや痛み・下腹痛・肌あれ・むくみ・肩こり・便秘などの身体的症状のうち、複数が同時に現れる、月経周期の後半に始まり、月経の開始とともに治まる病気)」などにも適用されています。