気の乱れが原因の生理痛に効く漢方薬

気の乱れが原因の生理痛に効く漢方薬

気の乱れが原因の「生理(月経―思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)痛」に効くと言われているのが、「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」です。加味逍遙散は、血液循環をよくして、身体を温める作用があります。その一方で、のぼせなど上半身の熱をさましてくれるのです。さらに、「ホルモン(成分はたんぱく質・ポリペプチド・フェノール誘導体・ステロイドなどであり、生体内の内分泌腺で生成され、血液中に分泌されて運ばれ、特定の器官にのみ作用する微量の化学物質)」のバランスを整える効果も期待出来ます。どちらかというと女性向けであり、身体が虚弱(力や勢い、身体が弱いこと)で疲れやすく、イライラや不安感を伴う際に向いていると言われています。具体的には、手足の冷え、のぼせ、生理不順や生理痛、頭痛、肩こり、けん怠感、不眠、神経症などに適応しています。