生理痛のタイプ別漢方薬処方について

生理痛のタイプ別漢方薬処方について

「生理(月経―思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)痛」は、「漢方(古代から近世までに、大陸から断続的に伝来する経験医学を独自に体系化した、日本固有の医学)」において、「気の乱れ」と「血の乱れ」との2つに分けることが出来ます。それぞれの特徴を順番に見ていき、自分がどのタイプに属するのかを、まずは知ることが大切です。気の乱れタイプの場合、生理前が特に痛い、胸や脇が張る(大抵生理前)、腹部の膨満感がある、ゲップやおならをしやすい、ストレスが溜まりやすい、という項目が挙げられます。また、血の乱れタイプの場合、生理痛がひどい、生理血に塊が出ることもある、シミやそばかすが多い、肩や首がこりやすい、冷えのぼせがある、という項目が挙げられます。それぞれがいくつ当てはまったか、チェックしてみて下さい。