漢方から見た生理痛のタイプ

漢方から見た生理痛のタイプ

「漢方(古代から近世までに、大陸から断続的に伝来する経験医学を独自に体系化した、日本固有の医学)」から見た痛みのタイプは、大きく2種類に分けることが出来ます。漢方について最初に知っておくべき知識は、痛みの原因や特徴によって、漢方での生理痛を大きく2つに分けて考えるということです。1つめは、「血行(血液が体内を循環すること)不良」や「感情の乱れ」によって、流れが悪くなっている状態を指します。このことを、通じざればすなわち痛しと書いて、不通則痛と呼んでいるのです。不通則痛は、気血水(きけつすい)という基本物質が身体を巡って、この3要素を身体の隅々までいきわたらせることによって、正常な生命活動が営まれるという、漢方の生体観のことです。この巡りが滞って、不通になるからこそ、痛みが生じると考えます。気血水の通りを良くすることによって、痛みをとることが出来るわけです。滞っているものが何なのかを見極めて、滞りを取り去るの、これが漢方の考え方になります。