ひどい生理痛の効果的な薬の使い方

ひどい生理痛の効果的な薬の使い方

ひどい生理痛を伴う場合、「薬」に頼ることも緩和させる方法の1つでしょう。痛みがひどい場合、市販の鎮痛剤を使うことも有効です。また、専門の医師に診察してもらい、「プロスタグランジン(アラキドン酸などの不飽和脂肪酸から生合成され、化学構造上の五員環の部分によって十数種に分類される、動物の臓器や組織に微量存在する一群の生理活性物質)」の合成阻害薬を処方してもらうことも出来ます。個人差がありますが、「低容量ピル(避妊に対してほぼ100%に近い効果を示すばかりではなく、月経困難症、月経過多、月経不順などに対しても有効であるのは中・高容量ピルと同じだが、ホルモン剤服用に起因する副作用症状は、低用量化によりかなり軽減されているもの)」や、「漢方薬(伝統中国医学の一種で、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品)」も役立つことでしょう。生理(月経)痛を上手に乗り切って、毎日快適な生活を楽しめるように頑張っていきましょう。