生理について前向きに考えてひどい痛みを緩和させる

生理について前向きに考えてひどい痛みを緩和させる

実はひどい生理痛は、「月経(思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)」を前向きに考えることだけでも、充分に緩和させられる可能性があるのです。実際に痛いと感じている時に、なかなか前向きに考えることは難しいかもしれませんが、生理(月経)をポジティブ(積極的)に考えないと、痛みがひどくなるということもまた事実なのです。生理自体を、健康のバロメーターと思えるぐらい、気軽に考えていくことをお勧めします。そのためにも、まずはつらい・ひどい生理痛であっても、「リラックス(くつろぐこと・ゆったりした気分になること)」することを心掛けてみて下さい。痛い痛いと考え続けていること自体が、痛みの「閾値(いきち―ある反応を起こさせる最低の刺激量、生体の感覚に興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値)」を下げて、痛みを感じやすくさせているという説もあります。