お風呂に入ってひどい生理痛を緩和させる

お風呂に入ってひどい生理痛を緩和させる

「生理(月経―思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって、子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して、出血することであり、これが数日間持続すること)」中は、お風呂に入らないようにというのは、昔の考え方です。むしろ生理(月経)中は、お風呂に入った方が、痛みが軽くなることが多いと言われています。血流を改善するためには、ストレッチや足のマッサージなどもいいとされています。また、長時間座り続けていたり、同じ体勢をずっと維持してしまっていると、「骨盤(大骨盤と小骨盤とに分けられ、小骨盤には子宮・卵巣・直腸・前立腺などの臓器がある、腰部にあり、左右の寛骨と仙骨・尾骨とで構成される骨)」内の「鬱血(うっけつ、静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まったりして局所的に起こることが多いが、心臓の力が弱まって全身的に起こることもある、静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態)」がひどくなることから、最低でも1時間に1回は、伸びをするように心掛けてみて下さい。