生理痛が痛い場合と病気の関連性

生理痛が痛い場合と病気の関連性

生理痛が痛い場合は病気である可能性もありますが、たとえば子宮内膜症という病気も生理痛と関係が深いと言われているのです。子宮内膜症は、子宮内膜細胞が子宮以外の部分に落ち着いて子宮内膜の組織を作ってしまうことを指します。通常であれば体外に自然と血液が排出されるのですが、それ以外の場所に出来てしまった場合は血液が排出されない状態になるため、溜まってしまうという状態を指します。子宮内膜症になると生理痛の痛みがひどくなると言われているため、生理痛が痛い場合には子宮内膜症の可能性も考えられるのです。

また、卵巣腫瘍によって生理痛がひどくなる場合もあります。卵巣腫瘍には、卵巣のう腫と充実性腫瘍があります。卵巣腫瘍のほとんどは卵巣のう腫だと言われており、良性のことが多いのです。腫瘍が小さい時には自覚症状がほとんどないため気づきにくいものなのです。しかし、どんどん腫瘍が大きくなることで生理痛がひどくなったり、生理不順が起こるなどのトラブルが増えてきますし、放っておくとどんどん腫瘍が大きくなってしまうため、早めに対処する必要があります。

これら以外にも生理痛が痛い場合と関係性の深い病気はいくつかあります。その可能性も考えると、放っておかずに婦人科に相談することも大切です。