生理痛が痛いときと痛くないときがあるのは?

生理痛が痛いときと痛くないときがあるのは?

月によって生理痛が痛いときと痛くないときがあるのは何故なのか疑問に思っている人もいるでしょう。人によっては、毎月生理痛がひどいわけではない場合もあるのです。

なぜそのようなことが起こるのかというと、生理痛が起こる前にホルモンバランスが崩れる原因があったのか無かったのかということが影響していると言えるでしょう。たとえば、日常生活の中にも生理痛の原因となることは多々潜んでいます。たとえば、ストレスを抱え込むだけでもそれが重なればホルモンバランスが崩れますし、食生活の乱れ、睡眠不足も大きく影響します。つまり、不健康な生活を送っていた場合はホルモンバランスが崩れて、生理痛がひどくなる場合が多いのです。

反対に、一か月間何事も無く、健康的な生活を送ることができた場合、特にホルモンバランスが崩れる要因が無かったために生理痛が軽くて済むこともあります。ですから、もし生理痛がひどかったのであれば、何が悪かったのかという原因を探ってみましょう。一か月間であれば、その間に何があったのかは簡単に思い出せると思います。その原因を取り除くことができれば、来月は生理痛が痛くない可能性は充分に考えられます。

なかなか毎日健康的な生活を送るのは難しいかもしれませんが、努力次第で生理痛が痛くなくなるはずですから頑張ってみてください。