生理痛の痛みを男の人に伝えるには?

生理痛の痛みを男の人に伝えるには?

女性は、付き合っている男性が居た場合、その男性に生理痛の痛みを分かって欲しいと思うこともあるのではないでしょうか。たとえば生理痛がひどい時に痛みを分かってもらえなかったり、結婚している場合は生理痛がひどい時に家事や育児をしなければならないこともあります。その時、男の人はどのような痛みなのか分かっていないからこそ、女性に普通通りに接することも多いのです。男性は感じたことが無い痛みだからこそ、仕方がないとも言えます。

しかし、少しでもその痛みを伝えることができれば、男性の対応が変わる場合もあります。そんなに痛いのであれば代わりに家事や育児をやろう、ゆっくりと休んでて良いと言ってくれる男の人もいるのではないでしょうか。

痛みの表現方法は難しいですが、たとえば子宮の収縮時の痛みとしては、体の内側から針を刺されているような痛み、腰痛に関しては鈍く腰に響くような痛みなどの表現方法があります。特に針を刺されている、ズキズキするような痛みと言えば、痛そうだということは男の人でも理解できるでしょう。それでも理解してくれない男性もいるかもしれませんが、気持ちが変わる可能性はありますので、まずは言葉で表現することが大切です。