生理痛の痛みと病気の関係

生理痛の痛みと病気の関係

生理痛の痛みがあまりにも辛い場合、病気である可能性も否定できません。生理痛と関係のある病気としては、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋腫などが挙げられます。いずれも女性特有の病気であり、生理痛がひどいという症状が挙げられるのです。自覚症状があっても、なかなか気づきにくいという特徴もありますので注意が必要です。

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮の内側以外の場所にできる状態を指します。子宮内膜は出血や増殖を繰り返しているのですが、子宮以外の部分に出来てしまった場合は、きちんと体内の血液が排出されなくなるため、トラブルが生じます。炎症が起こるだけでなく、そのまま放置すると症状はどんどん悪化してしまい、痛みが強くなります。たとえば、骨盤内に発生することもありますし、それ以外に肺や腸などに発生することもあります。

子宮筋腫は子宮にできる腫瘍で良性のものを指します。子宮筋腫が発生している人は非常に多く、女性の5人に1人は発生しているとも言われている、非常に身近な病気なのです。大きさは人それぞれであり、大きくなればなるほど、不妊に繋がることもありますので注意が必要です。頻尿、下腹部の痛みなどにも繋がります。

子宮腺筋症の場合、子宮の内側部分に子宮内膜が入り込むことで子宮の壁が厚くなるという病気です。それによって生理痛がひどくなることがあります。その他、生理の時の出血量が増えるというデメリットもあります。

いずれにしても、自分で判断することは難しいでしょう。不安な症状があれば、一度受診してきちんと検査をしてもらいましょう。場合によっては手術が必要となることもあります。