生理痛の痛みと吐き気について

生理痛の痛みと吐き気について

生理痛の痛みが強い上に吐き気が生じることもあります。吐き気が生じると我慢できないこともあるでしょうが、胃腸機能が弱っている可能性も考えられます。鎮痛剤を飲むことで痛みが緩和される可能性もありますが、生理中に鎮痛剤を大量に摂取するのは良くありません。鎮痛剤は胃の粘膜を荒らしてしまうこともあるため、胃痛などのトラブルに繋がる可能性もあります。ですから、できれば鎮痛剤に頼るのではなく、別の自然な方法で緩和することが大切です。

たとえば、吐き気を緩和するツボもあります。くるぶしの後ろにある三陰交(さんいんこう)というツボは吐き気の緩和に効果的です。自分でも刺激しやすい位置にありますので、生理の時には意識して刺激してみてください。それでも吐き気が緩和されない場合は病院を受診すると良いでしょう。別の要因も考えられます。

生理痛の痛みがひどい方は吐き気を生じることも珍しくありませんが、あまりにも続くのは良いことではありません。それだけ胃腸機能が弱っている証ですので、なるべく早く対処しましょう。