生理痛の痛みの原因は?

生理痛の痛みの原因は?

生理痛の痛みは人によって異なりますが、その原因はプロスタグランジンという物質にあります。生理前になるとこの物質が分泌されるようになるのですが、分泌量は人によって異なります。プロスタグランジンは子宮の収縮を促進する作用があるのですが、それによって生理の時に発生する血を体外に排出することができます。ですから、必要な物質だと言えます。

しかし、分泌量が多くなると子宮の収縮が強くなり、痛みが強くなります。その上、血管収縮にも繋がるため、様々なトラブルが発生するのです。内臓の収縮にも繋がり、結果的には吐き気や下痢、腰痛、冷え性などにも繋がります。

プロスタグランジンの分泌量が増える原因は多々あります。たとえばライフスタイルが原因であることもありますので、生活習慣を見直すことで分泌量が減り、生理痛の痛みの緩和に繋がる可能性もあります。なかなか難しい問題ですが、この分泌量を減らすことが生理痛の緩和にとって大切です。