生理痛がひどい時にアルコールは控えよう

生理痛がひどい時にアルコールは控えよう

生理痛がひどい時にアルコールを摂取してしまうと、余計に生理痛が悪化してしまう可能性があります。女性も毎日のようにアルコールを摂取する人はいると思いますが、実はそれが生理痛の悪化に繋がっているかもしれません。

しかし、アルコールは血行を促進する作用もありますので、生理痛の緩和に繋がる可能性もあります。あまりにも大量に飲んでしまうと体には良くありませんが、少量であればストレス解消にも繋がりますし、血行が促進されて健康に繋がることもあるのです。なかなか判断が難しいかもしれませんが、アルコールを控えることによってストレスを感じてしまうようであれば、少量でも飲んでみると良いでしょう。ストレスを溜めこむと生理痛の悪化にも繋がりますのでよくありません。但し、生理中はアルコールで酔いやすくなるとも言われていますので、飲む量はいつもより少なめを心がけてみましょう。