薬物療法で生理痛を緩和させる2

薬物療法で生理痛を緩和させる2

市販されている鎮痛剤は、メーカーごとに多くの種類があるので、効果や効能も様々なのです。素人判断で購入しても、自分の症状には効き目がなかったり、副作用があったりと、トラブルの恐れが少なからず存在します。だからこそ、薬を選ぶ場合は、出来るだけ病院で診察を受けた上で薬を処方してもらったり、薬局で薬剤師に自分の症状を相談した上で選ぶことが望ましいでしょう。また、生理痛を緩和させる薬の1つに「ピル(経口避妊薬)」という選択肢があります。ピルは避妊のために使われることが多いイメージの薬ですが、他にも様々な効能があって、その1つとして、生理痛を和らげる作用があるわけです。特に、ひどい生理痛に対して高い効果が期待出来るのですが、同時に副作用があることから、使用の際には、副作用のことを承知した上で、医者によって処方されることになります。ピルの種類としては、副作用の少ない低用量ピル、超低用量ピルなどになります。ピルはまた、1度飲めば、永久に効果が続く性質にありません。生理の初日から服用して、毎日継続して飲み続ける必要があるので注意が必要です。