薬物療法で生理痛を緩和させる1

薬物療法で生理痛を緩和させる1

痛みを抑える鎮痛剤など、薬によっては、「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」痛を緩和して、解消してくれる方法が存在します。まずは、鎮痛剤です。鎮痛剤は、生理痛による痛みを和らげてくれる痛み止めの薬になります。鎮痛剤にも様々な種類が存在し、成分や効果に違いがあるのです。生理痛の原因物質の1つである「プロスタグランジン(アラキドン酸などの不飽和脂肪酸から生合成され、化学構造上の五員環の部分によって十数種に分類される、動物の臓器や組織に微量存在する一群の生理活性物質)」の成分を抑えるタイプや、生理に伴う炎症を抑えるタイプ、さらには浮腫(むくみ)や怠さに効くカフェイン(苦味のある白色の結晶で、中枢神経の興奮や強心・利尿などの作用があり、薬用でもあるコーヒー豆・茶の葉・カカオの実などに含まれるアルカロイド)入りのタイプ、イライラや緊張からくる痛みを抑えるタイプ、などを主としています。