生理痛がある時の食べ物・飲み物の摂取方法

生理痛がある時の食べ物・飲み物の摂取方法

女性にとっては毎月辛い期間である「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」。この生理の際の痛みにおいて、日頃の食べ物・飲み物の摂取の仕方には、効果的な方法が存在します。同じ食物であっても、火を通したり、塩漬けにしたり、発酵・乾燥させたりすることによって、身体を温める効果をもつようにもなるのです。さらに、砂糖を代表とした、甘味料を使った甘い食物や菓子類は、総じて身体を冷やす作用があるものばかりなので、女性の場合は特に辛いですが、この時期は食べ過ぎないよう注意して下さい。また、白米や小麦といった主食類は、身体を冷やすものに分類されていますが、これに関してはそれほど神経質になることはありません。身体を温める効果のある食物類を、積極的におかずに多く取り入れるなど、工夫をして上手に摂取していきましょう。