食べ物で抑える生理痛3

食べ物で抑える生理痛3

女性にとっては毎月辛い「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」痛を抑えるために良い食べ物として、豆類である「小豆(高さ30~50センチであり、葉は3枚の小葉からなる複葉で、茎・葉に毛があり、夏に黄色い花を開き、種子はふつう暗赤色であるマメ科の一年草)」と「黒豆(正月料理の煮豆や和菓子の材料に、また不祝儀のおこわに入れる、ダイズの一種で、豆の外皮が黒いもの)」があります。小豆や黒豆には、「イソフラボン(豆などに多く含まれている、体内でエストロゲンに似たはたらきをする、フラボノイドの1つ)」が豊富に含まれているのです。さらに、排泄を良くして、血液の浄化を促してくれます。調理法として、「黒砂糖(白砂糖と違って鉄・カルシウム分が多い、精製してない、サトウキビの搾り汁をそのまま煮つめて、固形化した含蜜糖の1つである黒い色の砂糖)」やカロリー控えめの砂糖で煮て食べれば、スイーツ代わりにもなるのです。