食べ物で抑える生理痛1

食べ物で抑える生理痛1

女性にとって「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」は、毎月やってくる辛い期間です。その期間に、不快な原因も特に分からずに、ただ成す術なく痛みに耐えている必要はありません。生理痛は、「女性ホルモン(性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモンであり、別称として雌性ホルモンがある、卵胞ホルモン―エストロゲンと黄体ホルモン―ゲスターゲンの2種類のこと)」の異常などが原因と言われていますが、実は下半身の冷えが影響している場合もあるのです。下半身の冷えの場合、外的要因が引き起こすことも多いため、まずは腹巻きや靴下、毛糸のパンツなどで、直接的に身体を温めてあげることが大切です。体内における女性特有の原因がある場合であっても、自分で生理痛を改善出来る方法が、結構存在しています。その1つが、食べ物になるわけです。