生理痛に起こる吐き気を緩和させる2

生理痛に起こる吐き気を緩和させる2

生理痛の際の吐き気には、「漢方薬(主に樹皮や草の根・葉などから製する、漢方で用いる薬物)」も有効です。この漢方薬では、「桂枝茯苓丸(当帰芍薬散・桃核承気湯とともに、瘀血と呼ばれる血の滞りをとる)」、「当帰芍薬散(駆瘀血剤と呼ばれる処方のうちで、もっとも虚証の人に用いられる)」、「桃核承気湯(比較的体力の充実した人で、のぼせ、頭痛、不眠などの症状が激烈で、かつ便秘がちな人によい)」などが主として用いられています。漢方薬は、1人1人の症状に合わせて処方されるものだからこそ、きちんと専門の医療機関に相談するようにして下さい。生理痛に効くツボとしてはまた、「三陰交」と「血海」が有名です。三陰交は、内くるぶしの指4本分上の脛の後ろにあります。血海は、手の平で膝を覆った際に、親指があたる大腿骨のすぐ内側にあります。ツボは押した後に、ドライヤーやカイロなどで温めると、より一層の効果が期待出来るそうです。さらに、日頃から適度な運動を心がけ、カフェインなどの刺激物や、肉類や糖分の取り過ぎに気をつけて、胃の機能を弱めないようにすることも大切です。生理痛に伴う吐き気の緩和には、まずは体質改善が重要になってくるということです。