生理痛に起こる吐き気を緩和させる1

生理痛に起こる吐き気を緩和させる1

「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」痛に伴う「吐き気(一般には、胃の食物内容などを食道、口腔を経て外に吐き出す現象である嘔吐に先だっておこる、むかむかして吐きそうになる不快感)」を緩和するためには、やはり根本的な生理による痛みを改善していくことが必要になってきます。市販されている強い鎮痛薬は、痛みを取ることは出来ても、吐き気はもちろん、痛み以外の症状を緩和させることはありません。さらに、そうした薬を服用することによって、余計に「胃(袋状で、上は食道に、下は十二指腸に連絡し、胃液を分泌して食物を消化する、消化管の1つ)」の「粘膜(消化管・呼吸器・排出器・生殖器などの内壁の、常に粘液で湿っている組織)」が荒れて、吐き気が酷くなることもあるので、安易な服用することはしないで下さい。そして、服用する場合も、よく注意するようにしましょう。