生理痛において吐き気はなぜ起こるのか?2

生理痛において吐き気はなぜ起こるのか?2

そもそも「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」の際に、痛みを伴う原因があります。その原因の1つめに挙げられるのが、血液の循環が悪く、冷え性であることです。仕事などでストレスが溜まっていたり、太っていて腹部などに脂肪が付いていることもまた、血液循環(血液が血管を通り一定の方向に巡り流れること)の大きな妨げになっているようです。さらに、ほとんどの女性が抱えているとされている「冷え症(原因としては循環障害、代謝機能の低下、自律神経失調などが考えられる、身体の特定部位だけがとくに冷たく感ずる場合を言う)」は、「子宮(輸卵管の一部が変化した筋肉性の器官で、受精卵が着床し発育する、単孔類を除く哺乳類の雌の生殖器官の一部)」や「卵巣(卵を形成して排出し、またホルモンを分泌する、動物の雌の生殖腺)」に影響を及ぼすと考えられています。