生理痛において吐き気はなぜ起こるのか?1

生理痛において吐き気はなぜ起こるのか?1

「生理(月経、思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血すること)」痛の症状は、人それぞれです。しかしながらも、不快な生理時において特に多いとされている症状には、腹痛、腰痛、イライラ、吐き気、頭痛、めまい、下痢といったものを主としています。この中でも、吐き気は本当に深刻な人が多いはずです。腹痛よりも吐き気の方が辛い場合もあるので、早期解決・緩和方法を実践するべきでしょう。下腹部の激痛に耐えながら、さらに吐き気に襲われてしまうと、あまりの辛さに意識が遠のいていくようなこともあるようです。そうした人たちの中には、救急車を呼んでしまうことも珍しくありません。外出先、仕事場で、痛さと吐き気で動けなくなくなるようなことは、女性では誰でも有り得る話なのです。生理痛のために、食欲もなく、胃に何も入っていないにも関わらず、胃液だけを絞り出すよな嘔吐を伴う場合もあります。このような不快な症状を、女性は毎月経験することになります。