生理痛によって生じる胃痛と下痢

生理痛によって生じる胃痛と下痢

生理の時に分泌される女性ホルモンの作用によって胃を弱らせてしまうことがあります。そうすると胃痛を生じることがありますが、下痢も生じることがあるのであればストレスが原因で起こっている可能性もあります。

人間はストレスを感じることによって胃痛や下痢、不眠などの症状が生じることがあるのです。また、ストレスを溜めこんでいると生理痛がひどくなるという傾向もあるため、生理痛がひどいという人で尚且つ胃痛や下痢の症状が現れているのであれば、ストレスを感じることが多いのではないでしょうか。自分では大したことが無いと思っていても、イライラすることが増えると様々な部分に悪影響を及ぼしてしまうのです。落ち込むことが多くなった、小さなことでもイライラしてしまうなどの悩みを抱えている人は、まずはリラックスする時間を作るように心がけてみましょう。それだけで気分が落ち着くかもしれません。次第に症状が治まるようであれば、ストレスが原因であると考えられますので、定期的にストレスを緩和するように意識してみてください。