生理痛による胃痛と吐き気の症状

生理痛による胃痛と吐き気の症状

生理痛が原因で胃痛や吐き気を生じることもあります。このような症状が生じるのは、プロスタグランジンという女性ホルモンが影響しています。生理前からこのホルモンが分泌されるようになるため、胃痛や吐き気といった症状に繋がるのです。子宮を収縮作用もあるのがこのホルモンなのですが、胃腸が大腸にも影響を及ぼすのです。胃に対する機能を弱らせてしまうことにより、次第に吐き気も生じることになります。

必ずしもこのような症状が生じるわけではないのは、プロスタグランジンの分泌量が人によって異なるからなのです。このホルモンの分泌量が多ければ多いほど、胃痛や吐き気も生じやすくなります。吐き気を生じるとなると辛いでしょうが、女性ホルモンの分泌を抑制する方法もありますので、なるべく女性ホルモンのバランスを保つように心がけることが大切です。