生理痛に効く市販薬(痛み止め)の種類5

生理痛に効く市販薬(痛み止め)の種類5

毎月、女性を悩ませる生理痛。ここでは、市販されている主な痛み止めの薬を紹介していきます。次に挙げられるのが、「武田薬品(研究開発においては、生活習慣病領域、癌・泌尿器科疾患領域、中枢神経系疾患領域、消化器疾患領域の4領域を重点疾患領域としている。近年、製品戦略部―現在はCMSOオフィスを新設し、研究・開発・営業を俯瞰した製品戦略の遂行を目指している、大阪市中央区道修町四丁目に本社を置く、日本の製薬会社)」です。代表的な「タイレノールFD/FD小児用」では、細粒になっており、「アセトアミノフェン(小児の解熱によく用いられる、非ピリン系の解熱鎮痛薬)」が主成分となっています。ちなみにこの武田薬品は、日本の医薬品企業では売上高ナンバー1であり、世界の医薬品企業の中では連結売上高13位でもあるのです。これは、2010年のランキングによるものです。よって、その利益率は、トップクラスを誇っているのが特徴です。