生理痛に効く市販薬(痛み止め)の種類3

生理痛に効く市販薬(痛み止め)の種類3

毎月、女性を悩ませる生理痛。ここでは、市販されている主な痛み止めの薬を紹介していきます。次に挙げられるのが、「内外薬品(銭湯の風呂桶の広告が非常に有名な、代表的商品に鎮痛剤のケロリンがある、富山県富山市に本社を置く製薬メーカー)」です。「ケロリン」は、「アスピリン(解熱・鎮痛薬で、もとは商標名のアセチルサリチル酸の薬品名)」と「カフェイン(苦味のある白色の結晶で、中枢神経の興奮や強心・利尿などの作用があり、薬用でもある、コーヒー豆・茶の葉・カカオの実などに含まれるアルカロイド)」から生成されています。また、「ケロリンIBカプレット」は、「イブプロフェン(鎮痛作用に優れ、リウマチ性疾患・気管支炎などに用いられる。胃腸障害・肝障害などの副作用がある、非ステロイド系抗炎症薬の1つ)」に加えて、カフェインと催眠鎮痛成分が含まれています。そして、「ケロリンチュアブル」では、アスピリンと「アミノ酢酸(タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持つ)」が配合されているのが特徴です。