生理痛の市販薬(痛み止め)について

生理痛の市販薬(痛み止め)について

一口に「生理痛(思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化し、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血することであり、数日間持続する痛みのこと)」向けの痛み止め薬だと明記してあっても、市販されている痛み止めの薬には様々な種類が存在するので、迷うことが多いと思います。まずは、主な市販の痛み止めと、それぞれの主成分を知ることによって、自身の症状に合った痛み止めを選択出来るようにしましょう。自身の痛みの具合や症状などを、店舗の薬剤師さんによく相談してから選ぶようにして下さい。また、あまりに酷い痛みや、いつもと違う痛み、痛み止めを飲んでもなかなか良くならない、薬を飲んでも4~5日以上痛みが続く場合など、いつもの状態ではなく、何かおかしいなと感じたら、すぐに専門の医療機関を受診しましょう。病気が潜んでいる可能性もあるので、絶対に放置しておかないで下さい。