生理痛の市販薬(痛み止め)の違い4

生理痛の市販薬(痛み止め)の違い4

「カフェイン(苦味のある白色の結晶で、中枢神経の興奮や強心・利尿などの作用があり、薬用でもある、コーヒー豆・茶の葉・カカオの実などに含まれるアルカロイド)」には、尿を出す作用(利尿作用)が含まれています。この利尿作用によって、浮腫(むくみ)を抑えたり、眠気を抑えたりする効果が期待出来るわけです。カフェインによって、不快な症状は少しすっきりすることが予想されます。しかしながらも、コーヒーやお茶、栄養ドリンクなど、色々な食品や医薬品には、カフェインが含まれていることが多いので、過剰摂取には充分に気を付けましょう。胃が弱い人の場合、カフェイン入りにしてしまうと、胃液の分泌を促進してしまうことから、胃への影響が懸念されます。そのような体質にある人は、カフェインのないものを選んで下さい。また、アセトアミノフェン(非ピリン系の解熱鎮痛薬)を主成分にしている薬、さらには制酸剤(胃液中の塩酸を中和する薬)と呼ばれている胃酸を中和する成分である酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイトが含まれるものも良いです。