生理痛対策には薬が使われる4

生理痛対策には薬が使われる4

生理痛を有する一般女性を対象とした、とある製薬会社のアンケートに関して、「生理痛(月経時に起こる腹部や腰部などの痛み)」対策の第5位として挙げられているのが、気分転換・リラックス(くつろぐこと・ゆったりした気分になること)をすることです。具体的には、アロマテラピー(薬草・花などの香りの成分を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとする、芳香療法)を楽しむ、音楽を聴く、自分の好きなことに没頭する、生理であることを意識しないなどを主としています。女性にとっては、生理であること自体が憂鬱になる原因となり、痛みが増すことも多分にあるそうです。だらかこそ、好きなことに集中している間は、逆に軽い痛みなら忘れてしまうこともあるはずなのです。気持ちを切り替えて、なるべくリラックスすることを心掛けてみて下さい。現代においては、ヒーリング(ストレスなどで病んだ現代人の心身をいやすこと)効果のある音楽も話題となっているので、自身に合ったお気に入りの曲を探してみることも、生理痛対策の1つになるかもしれません。