生理痛対策には薬が使われる3

生理痛対策には薬が使われる3

生理痛を有する一般女性を対象とした、とある製薬会社のアンケートに関して、「生理痛(月経時に起こる腹部や腰部などの痛み)」対策の第4位として挙げられたのが、適度な運動やマッサージ(主に手で、皮膚や筋肉をさすったり、もんだり、たたいたりして刺激を与え、新陳代謝をよくし、機能を回復させて治療を図ること)などをすることです。常日頃より、または生理痛が軽い時には、ストレッチ(筋肉や関節を伸ばす柔軟体操)・体操・ヨガ(心身の調整・統一を図る修行法)などをする、ツボ(灸や鍼の治療で効果のある、人体の定まった位置)を押す、お腹をさするなどが主として挙げられています。ツボ押しやストレッチは、」血行不良や骨盤内のうっ血(静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まったりして局所的に起こることが多いが、心臓の力が弱まって全身的に起こることもある、静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態)を和らげる効果があると言われています。毎月生理痛に悩まされてる場合には、有効な手段でもあるので、是非試してみて下さい。