生理痛対策には薬が使われる2

生理痛対策には薬が使われる2

薬を服用するに続いて多かった温めることは、「生理痛(月経時に起こる腹部や腰部などの痛み)」が酷い場合は、体を冷やす食材を避けて、温める食材を選ぶことも含まれていますい。体を温める食材としては、ニンニク、しょうが、玉ネギ、かぼちゃなどが挙げられます。反対に、身体を冷やす食材としては、きゅうり、トマト、なす、セロリなどがあるので、生理の際には控えるよう心掛けて下さい。そして、生理痛対策の第3位に挙げられたのが、寝る、または動かないということです。生理の際の辛い痛みを忘れるために寝る、痛みが酷い時にはじっとしている、丸くなって横になってみる、なるべくゆっくりと過ごすなどを主としています。生理中は痛みだけでなく、眠い・怠(だる)いなど、様々な不快症状が出やすい時でもあります。時間がある場合には、出来るだけゆっくり休むことを心掛けてみて下さい。生理痛が起こっている最中は、まずは無理しないことが大切なのです。