生理痛は食べ物で緩和することはできるのか?

生理痛は食べ物で緩和することはできるのか?

生理痛は食べ物で緩和することもできます。生理痛がひどい人はY-リノレン酸が少ないと言われているのです。つまり外部からY-リノレン酸を補うことができれば、生理痛が緩和されると言われています。

Y-リノレン酸はどのような食品に含まれているかというと、魚油やアーモンド、大豆、ひじき、まぐろ、さば、さけ、さんまなどに多く含まれています。基本的には魚に多く含まれていますので、お肉よりは魚を食べるように心がけた方が良いでしょう。アーモンドや大豆などにはマグネシウムが含まれており、子宮の収縮を緩和する効果が期待できます。また、まぐろやさば、さけなどの魚にはビタミンB6が含まれており、マグネシウムと同じく子宮の収縮を抑制する効果があります。

反対に控えた方が良いと言われている食品もあります。お肉以外に、乳製品、卵は反対に生理痛を悪化させてしまいますので気を付けましょう。