生理痛の症状が現れる原因とは?

生理痛の症状が現れる原因とは?

生理痛の症状が現れる原因として、プロスタグランジンという物質があります。この物質は生理前になると分泌されるようになるのですが、それによってホルモンバランスが変化して、様々なトラブルを発生させてしまいます。また、この物質は子宮の収縮を促進する作用があるため、腹痛を引き起こしやすくなるのです。また、血管を収縮させる働きもあるため、体も冷えやすくなり、冷え性や腰痛などにも繋がります。

生理を発生させるためには必要な物質ですので、生理痛を完全になくすというのはなかなか難しいものです。しかしその他の原因に繋がる要因を減らすことによって生理痛の症状を緩和することもできます。血液の流れが悪くなりやすいからこそ、血液を促進するように体を温めたりすることも効果的です。生理前から、なるべく要因を減らすように努力してみましょう。