生理痛の症状をチェックしよう

生理痛の症状をチェックしよう

生理痛の時には、同時に色々な症状が現れることもあります。もちろん腹痛だけというように、1つだけ症状が現れることもありますが、自分では気づいていなくても、実はいくつかの症状が現れていたということもありますので、まずは自分自身の症状に気付くことが大切です。

生理痛の症状から、原因を知ることにも繋がります。いくつかの症状が現れている場合は婦人系の病気が原因で起こっていることもあるのです。自分で大したことが無いと思っていても、実は病気がどんどん進行していることもありますので、一度症状をチェックしてみましょう。

たとえば、生理の時に塊が出る、ナプキンを替える回数が多い、生理周期が長引く、下腹部の痛みがある、腰に痛みがある、排便や排尿時に痛みを感じる、セックスの時に痛みを感じるなど、このような症状が現れる場合は子宮内膜症などの可能性もあるのです。また、そうでなかったとしてもストレスなどが原因で生理痛がひどくなる場合もあります。ストレスは溜めこむと病気にも繋がりますので、早い段階で緩和することが大切です。毎月自分の症状をチェックし、症状が悪化していないか確認することも、病気の早期発見に繋がります。